災害にあった後の確定申告の対応

またまた時間が過ぎてしまいました。

今回は、昨年四月に起きた熊本地震の影響で、自宅が半壊した後の

確定申告での話をシェアしたいと思います。

 

なかなか起きない、起きて欲しくないことでしたが

我が家(借家)は昨年4月に起きた「熊本地震」の影響もあり

裏の崖が大雨で崩れ、台所と浴室、トイレなどが土砂で埋まりました。

 

災害にあった時、役所で申請すべきものは「り災証明書」です。

当時、田舎で探した1万円の「借家」に住んでいたので

関係ないかなと思いつつ、後で申請して発行されないと嫌だなと

思い、とりあえず申請しました。

(やはりお役所はお役所仕事しかしません、この取得にも紆余曲折

がありましたが、長くなるので機会があれば書きます)

 

申請したのが5月くらい、で届いたのが2月15日。

これでも電話や直接訪問して急がせたんですが。

遅いですよね、まあ仕方ありません。

 

で、なんで2月15日なんだろうと自分で勝手に解釈して

「もしかしたら、確定申告に合わせたんじゃないか?」と

 

ダメ元で確定申告提出済みの税務署に問い合わせたところ

控除で税金が戻るとのこと。

〇〇万円戻ることになりました。

 

ちなみに、私は現在39歳、妻、子供2人の4人家族だと

半壊で480万円分の控除が受けられるとのことでした。

(これは年齢や家族構成で変わるみたいです、被害を受けた家財道具が

合計でいくらかわからない時にみなしで決められる額のようでした。)

 

持ち家なら、地震保険や火災保険、損失によって税金控除や

リフォームや建て替えの費用の一部支払いなどがあることは分かっていましたが

借家でも控除の対象になることは初めて知りました。

(役所は教えてくれませんでした)

 

税理士ではないので、詳しいことはわかりませんが

この一件で、私は1日で〇〇万円得したことになります。

 

疑問に思ったことは、聞いてみるに限ります。

役所や税務署の人はプロですし、プロを無料で使えるわけですから。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。