田舎暮らしの「お金」について

前回の続きです。

まずは「移住する際にもらえるお金」について。

詳細は省きますが(移住しようとしている

自治体のホームページを見てください)

自治体によっては、移住者にお金の補助がある場合があります。

一人でもOKのところもあれば、配偶者、子供と一緒なら補助する等

いろんな施策があります。

私が移住した地区は全くなかったのですが

(そこまで考えていませんでした。。。)

個人的にはお金の補助や、住宅取得補助などがある自治体が

おすすめです。

当たり前のように思いますが、私が重要だと考えるのはお金の面

だけではありません。

 

「補助がある=移住ウエルカム」

 

だということです。

お金を払ってでも、移住してほしいということは

移住に積極的だということ。

あなたは、地方の過疎化する自治体全てが移住者を歓迎していると

思っていませんでしたか?

実はそれは全くの誤解です。

もちろん、表面上移住者を拒否する自治体はありません。

ただ、自治体の施策で移住ウエルカムかどうかは判断できます。

 

例えば、子供が2人以上で手当てがついたり、

子供の医療費が無料だったり新築する際浄化槽

(田舎は下水道がなかったりしますので)の補助があったり

仕事のあっせん等いろんな施策があります。

この上記にあるような施策を講じている自治体と、そうでない自治体では

移住に関しての温度差があるということです。

 

できれば、移住してきてください!と手を挙げているところに

住みたいはずです。

「来たいならどうぞ」

という自治体には住みたくないですし、住んでも長くいい関係が

築けないと思います。

 

もちろん、住みやすそうだとか雰囲気がいいなどの第一印象は

大切です。実家に近い、交通の便がいいなど、優先するところも

あると思いますが、移住を判断する際に、その自治体は

「移住ウエルカムなのか?」を考えて見てはどうでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。