月別アーカイブ: 2013年11月

ゲジゲジと仲良くする方法

田舎での生活での敵は
「虫」
でした。

うちの家族は大の虫嫌いです。
ゴキブリが家に出たときは
家中がパニックで、私の虫に対する
腰の引た態度を見て、離婚問題に発展しそうな
時もありました。

田舎では、ゴキブリに限らずゲジゲジやカメムシ、
ムカデ、ミミズ、アリ、手のひら大のクモなど
見た目が残念な虫が大量に発生します。

最初は殺虫剤を大量にまいていた我が家も
虫に慣れてきて、今では

「ゲジゲジはゴキブリを食べるから」
「クモはダニを食べてくれるから」

という会話が出始め、殺さずに外に逃がしてあげています。

ゴキブリを怖がって

「過呼吸」

になっていた妻が、今では
「よく見ると、カブトムシと変わらない」
と言っているくらい、虫に慣れてしまいました。
(農業の手伝いで害虫をつぶせるほどに強くなりました)

田舎暮らしを始める上で、虫とどう接するか?
は重要な問題だと思っていましたが、
うちの例で言えば、

「そのうち慣れる」

が結論です。

また、田舎には虫とどう接していくかという
「知恵」も数多くあります。

「カメムシは柿の木とミカンの木の近くに多く発生する」
「カメムシは日当りがよく白いものに集まる」
「ムカデは落ち葉を処理すればいなくなる」
「ムカデとゲジゲジは乾燥したところにはいない」
「ムカデを生きたまま焼くと、ムカデが寄ってこない」

地元の人に聞いた「知恵」はこれの数倍はありますので
今度機会があれば書いてみたいと思います。

あと、
「鳥のサギとカラスは臭くて食えない」
などの、ブラックな知恵は、希望があれば書きます。