月別アーカイブ: 2013年4月

田舎暮らしを始めて1ヶ月がたちました(あるある)

【田舎暮らしを始めて1ヶ月がたちました】

思えば東京都荒川区から熊本に引っ越して1ヶ月。なかなか濃い1ヶ月だったように思います。今までの投稿では田舎の良さをメインにしてきましたが、都会から田舎に引っ越したからこそわかる不便なこともたくさん見えて来ました。田舎で暮らすことはもちろんいいことだけではないです。そこで田舎暮らしで不便に思ったことをまとめて見ようと思います。

2013-04-23 10.41.31

1【買い物が不便】

なんといっても一番感じたのはここです。コンビニまで車で10分だと思っていたんですがそのコンビニも「休業中」で、一番近いコンビニは車で15分なんです。。。  なので、少し大きい冷蔵庫にまとめて食材を入れています。(野菜は自分の家でとれたり、おすそわけをいただくのであまり買いません) 車がないと不便ですのでもし免許がない方がいれば免許をとって田舎暮らしを始めたほうがいいですね。何も出来ないといっていいです。車自体は比較的安く手に入れられます。ちなみに渡しの場合は軽自動車で平成15年製、7万キロ、車検が3月まで付いているものを28万(諸費用込み)で手に入れました。田舎は道が狭いことも多いので、軽自動車のほうが便利です。

2【光ファイバーが開通していない】

いまだにADSL回線を使っています。近くまで光ファイバーが来ているようですが、まとまった需要がないと各家庭まで引くことはないようです。LTEも届きません。。。(人口カバー率99%なのに、残り1%に入ってしまうほどの田舎ということなんでしょう)まあ、動画をダウンロードする機会があまりない方は問題ないかもしれませんが。

3【人付き合いは積極的に】

田舎は多かれ少なかれ保守的な人が多いです。子供がいればそこのつながりを広げればいいんですが、「このひとはどんな人なんだろう」とかなり気にします。なんで、道であった人には必ず挨拶をすることをおすすめします。あまり急いで仲良くなることを考えないほうがいいですね。

あとは、「虫が多い」「街灯が少ない(真っ暗)」「朝早くに鶏が鳴く」などもありますが、田舎暮らしを決めた人にとってはプラスのことなので以上の3つをあげておきます。これからも参考になるように不便なこともたくさん書いていきますので、楽しみにしていてください。

2013-03-31 15.05.22

轟水源に行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

2013-04-25 12.24.49

 

今日は轟(とどろき)水源というところに行ってきました。名水100選にも選ばれているところです。熊本には他にもいろんな水源があって、夏にいくと涼しくて最高です。
田舎に住むのに何よりも大切な物は「水」とくに「わき水」です。この水源の近くでは今でも上水道として水源の水を使っています。山に降った水が地下深くに染み込み、濾過され長い時間をかけて地上に湧き出てくる「わき水」は、混じりっけなしで体の隅々まできれいにしてくれます。

2013-04-25 12.23.08

水源の近くには「宇土城」がありました。小西行長の居城で、現在は城跡しかありませんが、今も昔も水源の確保が重要な意味を持っていた事がうかがえます。

2013-04-25 12.22.53

写真では限界がありましたが、実際はかなり透明度の高い、きれいな水でした。

 

 

野菜ジュースを作っています

2013-04-25 08.00.00

 

田舎に来て始めたことの一つに「野菜ジュース」があります。今日の野菜ジュースは「トマト(アイコ)」「アスパラガス」「デコポン」「パール柑」です。

 

 

 

 

2013-04-25 08.06.51

 

野菜ジュースといえばこのジューサーですね。

 

2013-04-25 08.16.04

 

息子も頑張って手伝いをしてくれます。

 

2013-04-25 08.19.25

 

毎朝の光景です。

 

2013-04-25 08.26.39

 

完成!この量を2杯飲んで、朝ごはん終了です。