家が売れた理由を教えます

おはようございます。今日はマンションが売れた理由を自分なりに考えてみました。

ちなみに私の売りに出したマンションは「荒川区、駅から12分、70平米、3LDK、7階建ての3階」です。詳細は以前の記事に載せてありますので参考にしてみてください。

【価格】 やっぱりここが一番重要です。周辺で売りに出ているマンションがたくさんある場合、条件が同じなら価格帯も同じになってしまい、物件の差別化ができません。結果「見に来る人数は多いけど、成約までにはいかない」という状況が続くことになってしまいます。なので依頼している業者に相談して、周辺の売りに出ている物件の情報を手に入れて、その価格よりも下げたことが今回一番良かったです。価格が安いだけでどんな広告にもまさります。住宅購入予定の皆さんは内見するまでは判断基準が乏しいため、価格で判断するようです。

【物件を知る】 自分が住んでいた物件の「ウリ」を改めて考えたことが良かったようです。これは物件を買ってくれた方に直接聞いたので間違いないと思いますが、その方は「家族4人で住めて、都心に近いけど静かなところ」を探していたそうです。この「静かなところ」が「ウリ」になりました。今回の物件は「駅から12分」と決して立地がいいとはいえない状況でしたが、逆にいえば駅から遠いので「静かなのがウリ」でした。これから受験を控えているお子さんがいる場合は特にウリになるようです。

【細かいところに気を配る】 物件は「商品」なので、綺麗に見えたほうがいいです。掃除をするのはもちろんですが、部屋の電気を全部つけてカーテンを全開にすると、通常より部屋が広く見えます。実際、買主さんからも「部屋がとにかく明るかったんで買おうと思った」と言われました。多分、すべての照明を点灯させたのが良かったんだと思います。冬なら暖房、夏なら冷房をつけることも忘れないようにしたいです。ただもし、傷がついているところがあれば、写真を撮って正直に話したほうがプラスに働きます。中古の物件ですので、傷があるのが当たり前です。あまりにもきれいだと「アラ」を探したくなるのが人の性質です。傷があるところは正直に言いましょう。「こんなきず大したことないのに」と思ってくれたらこっちのものです。

以上3点が、今回売れた理由にあげられると思います。もちろん、売らないで賃貸に出すのもひとつの方法ですので、自分の物件はどちらがいいかを検討することも重要です。私の場合は駅から遠いのと、熊本に引っ越すため管理が難しくなるので「売る」ことを選択しました。では次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です