【番外編】磯本、不用品を売る

今回は家を売ることには直接関係はありませんが、「私はこれで引っ越し代を稼いだ」方法をお伝えします。

いわゆる「せどり」です。一般的な「せどり」は「中古品を仕入れて、アマゾンやオークションで売りさばき、利ザヤを稼ぐ」ビジネスモデルです。私がやったのは自分が持っている「見なくなったDVD」や「本」などを売る、いわば不用品処分に近いものでした。不用品としてブックオフなどに箱ごと売ることもできますが、自分が持っている本やDVDの中には、なぜか価値が上がっているものがたくさんあります。おそらくこのブログを読んでいる方の家にもたくさんあるはずです。ふつう調べませんよね。自分が持っている本が今いくらなのかなんて。

この「せどり」のビジネスは少々加熱している感じがします。たとえば「水曜どうでしょう」という私が大好きな番組のDVDがあるんですが、これはコンビニで注文しないと買えません。要は一般的なショップには売っていないため、「アマゾン」には中古しか売ってないことになります。アマゾンに新品の価格が乗っていない、ここがねらい目のようで、新品を買っても4000円くらいなのに、6000円以上の価格で平気でアマゾンのマーケットプレイスで販売されているんです。知っていればこんなバカげたことはないんですが、知らない人は「プレミアがついた」「ここでしか買えないんだ」と思ってしまうんですね。おそらく「空売り」で注文が入ったらコンビニで注文するのでしょう。

私は水曜どうでしょうを全巻もっていましたので、これを売るだけで8万円くらいにはなりました。また、アイドルが昔ちらっと載った雑誌も高値で取引されています。ここら辺でも数万円稼ぐことができました。アマゾンには結構手数料を払いましたが、それでも十分引っ越し代にはなりました。取引もアマゾンのアカウントがあればだれでも簡単に売ることができますし、価格のチェックはスマホのアプリが無料で出ていますので、うまく使って不用品の処分をしてみてください。アプリで確認すると思いがけず高値になっていて、ちょっと病みつきになります。ご注意ください。

ではまた次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です